観る・結婚式 食べる・飲む 買い物をする
気象情報 アクセス方法 営業時間
お問い合わせ
アンナガーデンとは
アンナガーデンの説明

アンナガーデンは福島県福島市の西部、吾妻連峰の山麓に位置しています。福島の観光名所の一つにも数えられており、四季を通して利用されています。
聖アンナ教会を中心に、個性豊かな逸品を扱うショップが揃い、食べる・飲む・買う・見る・・・など、思い思いの楽しみ方が出来るスポットとなっています。
自然豊かな山の中にあり、市内を一望できる夜景の美しさも評判で、多くの観光客が訪れています。
ショッピングや食事を楽しみながらゆっくりとした時間をお過ごしください。

アンナガーデン 風景

福島市街地から車で15分程度のドライブで、美しい自然に囲まれたアンナガーデンに到着します。

アンナガーデン 風景

夜になると教会がライトアップされ、ショップのイルミネーションも華やかさを彩ります。

アンナガーデンの歴史

多様な店舗がアンナガーデンの魅力

1993年1月に聖アンナ教会が献堂され、1995年4月に西田記念館がオープンすると、土地の分譲、テナントの入店が進み、店舗が次々とオープンし、次第にアンナガーデンが形成されていきました。

立地条件(環境・土地の形状、共有道路の接続形態等)の違いから、同じ条件の店舗はなく、扱う商品やサービスも店舗によって一様ではありません。それが個性豊かなアンナガーデンの魅力にもなっています。

アンナガーデンの各店舗は一体感をもったコミュニティーとして、エントランス花壇の植栽などガーデン内の維持管理に努めています。

アンナガーデンは中心市街地から西に約10キロの地点に位置しています。東北自動車道、国道115号線に隣接し、アクセスにも便利です。

標高1500メートルの山々が連なる吾妻連峰の眺望も抜群で、高原の爽やかな風が吹き渡ります。 周囲には温泉地も多く、福島を代表するさまざまな果樹が周囲を彩ります。

聖アンナ教会

年間30万人が来園するアンナガーデン。1993年の開園以来チャーチは見守って来ました。

西田こけし館

みちのくとこけしを愛した故西田峯吉を記念する伝統こけしが1万本収蔵されています。

アンナガーデンの四季
春のアンナガーデン

ガーデンに遅い春が訪れると、ガーデン内でも色とりどりの花が咲き始めます。

春のアンナガーデン

花見山で桜やぼけなど春の花を眺めたり、写真を撮ってみる。車でアンナガーデンまで行き、春の風物詩、吾妻山の雪うさぎを眺めながらのランチ。
食後には、アンナガーデン内を散歩してから、フルーツラインの桃、りんご、梨の花の中をドライブ。夜は、信夫山の夜桜を楽しんでみては?

夏のアンナガーデン

高原に吹く風はとてもさわやか。市街の喧騒から出て、遊びにおいで。

夏のアンナガーデン

朝、飯坂温泉を出発。摺上川で水遊び。 フルーツラインを通るとさくらんぼ、桃などが収穫の時期を迎えている。観光果樹園で旬のフルーツを味わって。次にアンナガーデンへ向かい、お茶を飲みながらちょっと休憩。そのあとはアートにふれてショッピング。夕食後、浄土平天文台へ向かい星空ウォッチングと、一日中福島を満喫してください。

秋のアンナガーデン

高原の木々も美しい赤やオレンジに色づきます。

秋のアンナガーデン

裏磐梯、スカイラインの紅葉を楽しみ、美術館をめぐる。その後は、アンナガーデン内で食事をしたりショッピングをしたりと、のんびり過ごしてみるのも…。

冬のアンナガーデン

ヨーロッパの雰囲気漂うガーデンも一面の銀世界に覆われると、いっそう幻想的な雰囲気を醸し出します。

冬のアンナガーデン

アンナガーデンの近くにはスキー場や温泉があります。近くのスキー場で早朝スキー。そして温泉で体を温める。そのあと、アンナガーデンでショッピングや食事を楽しみながらゆっくりとした時間を過ごす。夜には教会のライトアップも楽しめます。

アンナガーデン ページの先頭へ